知っておこう!iPhoneの修理をする手順とは

iPhoneの壊れる原因は?

ふとした瞬間に落としてしまったり、操作している途中で電源が落ちしてしまったりと不具合が突然訪れるiPhoneですが、皆さんはどのように対処してますでしょうか?Apple careを本体購入時に加入していれば正規のサービスを使って直すことが可能です。街中にはiPhone修理ののぼりを多く見かけるようになりました。今回は壊れる原因の内容と修理の方法に関して修理店へ相談する前にできることを記載していきたいと思います。 まず壊れる原因で割合の高い、バッテリーの消耗に関してです。 バッテリーの状態を正しく確かめる方法はいろいろありますが、サードパーティのアプリで調べてしまうと、アプリごとの結果がばらついてしまい修理に出す基準が不明瞭になってしまいます。しかし、本体設定からできるバッテリーの消耗度合を確認する方法があります。

簡単にできる!バッテリー消耗チェック

まずはバッテリーの消耗ですが、本体の設定アプリ内のバッテリーの項目でIOS10.2.1以降の端末ではバッテリーに異常がある場合、アラートが表示されるようになっています。この場合はApplestoreや近くの家電量販店に相談に行きましょう。有料にはなってしまいますが確実に修理と見積もりを行ってくれます。 アラートが出ない場合はこれ以外の可能性が考えられます。まずはアプリの使用による不具合です。アプリを使用する場合、起動後本体のCPUがアプリの起動を処理します。この時アプリの容量が大きい場合、CPUの負担も比例して大きくなります。他のアプリを同時に開いた状態であればなおさらです。一度本体の電源を落としてみて再起動をしてみましょう。

銀座には色々なショップが立ち並びます。iphoneの修理を銀座で行いたい場合も様々なショップがありますので、よく調べて自分に合ったお店を探すことが大切です。